メッセージ

私共の法人名は「四恩の里」と申します。四恩とは①父母の恩②社会の恩③故郷の恩④大自然の恩です。人は1人では生きて行けない弱い存在です。自分のことだけが出来ればよいのではなく、自分のしたことで人が喜んでくれれば嬉しいと感じる人間を目指しています。

 児童施設のパイオニアを自認する当法人には、「児童養護施設亀山学園」

「児童心理治療施設若竹学園」「自立援助ホームなごみハウス圓」があり、児童支援の専門性を高めることができます。

各施設の立地状況は、瀬戸内海国立公園内の風光明媚で自然に囲まれた「若竹学園」、学校・病院等が近くにあり生活に便利な地域密着型の「亀山学園」、そして、交通機関に恵まれ通勤・通学に便利で、ハローワークも近い「なごみハウス圓」と子どもの発達状態に適した環境を提供しています。

社会構造の複雑さが子どもの発達を蝕んでいるのは誰もが認めるところですが、子どもは適した環境と愛情を注ぐことによって失っていた自己を取り戻すことができます。

 十人十色の子どもが、自分の色に自信を持って生きて行けるように支援してみませんか。子どもの成長は、関わる職員の成長そのものです。あなたの児童に注ぐ愛情と勇気を私たちは必要としています。

理事長 野田 大燈

理事長 野田 大燈